予防歯科・一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント
 審美歯科・ホワイトニングレーザー治療
ごう歯科医院流むし歯予防法
 まずはじめにおことわりしておきますが、究極のむし歯予防法は外国では当たり
前である、水道水の中に適正な濃度のフッ素を添加するフロリデーション以外には
考えられません。
 しかし、むし歯予防後進国の日本の現状では、フロリデーションは難しいと思わ
れます。そのため、フッ素の足りない日本では、何らかの形でフッ素を補う必要が
あります。

 そのことをご理解頂いた上で、ごう歯科医院流むし歯予防法をみていただきたい
と思います。

基本理念

 「誰がどのように行ってもむし歯ができず、
簡単で楽しくむし歯予防をする」
フッ素洗口
  ごう歯科医院流むし歯予防法の根幹をなす
 予防法ということで、クローバーの茎の部分
 となっています。
  1日1回30秒〜1分程度ブクブクうがい
 しましょう。
  本当は、保育園や小学校などの集団で行う
 のが個人の努力によらずベストだと思われま
 す。

フッ素入り歯磨剤
  1日2回以上歯磨きをするという習慣がみ
 についている人がほとんどなので特別な努力
 の必要なく、むし歯予防が行えます。
  最後にあまりうがいしすぎないようにする
 のがポイントです。

規則正しい生活習慣
  フッ素の効果以上に、ジュースを飲んだり
 だらだら食べをせず、好き嫌いなく3度の食
 事をきっちりとり、早寝早起きをしましょう。
  チョコやケーキをやめるのは、なかなか難
 しいと思いますので、活動的で水分を欲する
 子どもたちのためには、家族みんなで努力し
 て、冷蔵庫にはジュースではなくお茶を入れ
 ておくようにしましょう。

フッ素入りシーラント
  むし歯になりやすい生えたての歯の深い溝
 は、歯ブラシが届きません。
  歯医者さんでフッ素入りの樹脂で溝をふさ
 いでもらいましょう。

定期健診
  フッ素を塗布したり、きれいに磨いてもら
 うだけの受け身的な定期健診ではなく、フッ
 素洗口や規則正しい生活習慣が定着している
 かどうかを確認し、できていなければできる
 ようになるためにはどうするかを一緒に考え、
 一緒に健康をつくっていけるような定期健診
 にしましょう。
  また、何かと忙しくて子どもたちのお口ま
 でなかなかチェックできないようなお母さん
 は、定期健診を上手に利用して、歯医者さん
 でお口のむし歯予防を手伝ってもらいましょ
 う。

  →ごう歯科医院流むし歯予防法トップへ
ごう歯科医院
ホームページ
トップへ
岡山県倉敷市中庄611-2